ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

TOP  >  コンテンツ  >  「東アジア懇談会」発足主旨







2001年11月2日

アジア・中国関係者各位

アジア懇談会(三木会)のご案内



アジアは今大きく、急速に動いています。

昨日も中国とASEANのFTA交渉開始が報じられました。来週にはドーハで中国のWTO加盟が実現するでしょう。他方で、中国の産業競争力を軸としたアジア産業再編は奔流の如く動きはじめ、構造調整下の我が国経済産業をも巻き込みつつあります。

今日、我々は、これからアジアと、中国とどう向き合っていくべきか、我が国の産業をどう再構築していくのか、改めて問われていると言っても過言ではないと思われます。また、それはあまりに様々な選択肢・要因を下敷きにしての議論となりましょう。

かかる問題意識の下で、アジア、中国に関わる方々が自由闊達に意見交換、名刺交換できる場を毎月第三木曜日夕に設けることといたしました。出入り自由、義務なし、老若男女問わず、毎回会費制(2500円程度)、立食、持込歓迎、のある種のサロンのようなものとお考えください。是非、お気軽にご参加されませんか。


発起人(順不同)

江橋正彦  明治学院大学国際学部長

井上隆一朗 桜美林大学教授

小野沢 純 東京外国語大学教授

守野友造  ジェトロ主任調査研究員

山田康博  ジェトロ海外調査部長


 


※役職名等は発足当時のものです。

 


プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:153 平均点:2.75
前
「東アジア懇談会」について
カテゴリートップ
三木会コンテンツ

ページの終端です。ページの先頭に戻る